ぴぃおじさんの山登り

山登りが好きなぴぃおじさんが、ブログやyoutubeに挑戦!

ついに日本最高峰へ! しかしその最後の1歩を踏まずに下山、そのわけとは⁈

f:id:hattorip3265:20210211095903j:plain


いつかは富士山に登りたい…
と始めた山登り。
山登りを始めて、9か月で富士山に登ることができました。

 

お山紹介

富士山 山梨県静岡県 標高3776m  日本百名山 日本最高峰

富士山知らない人いないでしょ…
いまさら富士山を紹介するってどおよ…😅
なので、もしかしたら皆さんがご存じないかもしれない
「富士山トリビアを紹介したいと思います。

 

日本三大霊山

山岳信仰の対象として山を見た場合、日本の代表的な三座のうちの一つが富士山です。
全国に1,300社ある浅間神社総本宮である、富士山本宮浅間大社の奥宮が山頂にあります。
浅間神社木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやびめのみこと)という美しい女神さまを祀っています。
f:id:hattorip3265:20210211094641p:plain

美しすぎる富士山の山容にピッタリな気がします。
ちなみに三大霊山のあと二つは立山、白山です

 

②山頂には県境がない

f:id:hattorip3265:20210211093101j:plain

までが県境です。不思議!

 

③富士山には川がない

大噴火によってできた富士山は、小さな穴だらけの岩で形成されているため、水が地中にしみこんでいくため、川がありません。同じ理由で水たまりもできないため、蚊がいない、らしいです。
唯一、須走登山口近くに、雪解けの時期の1か月ほどだけ、しかも気温や時間帯によって現れる、まぼろしの滝」があります。

 

④女人禁制だった

明治4年(1892年)に女人禁制が解かれるまで、信仰登山の対象だった富士山に女性は登れなかったんです。
その40年前(1832年)、初めて富士山に登った女性は、男装してコソーと登ったそうですが、その方のお名前がなんと「高山たつ」さん! まさに「高い山にたつ」!

 

富士山に行くぞ!

そもそも前年の夏、うちの長男と
「富士山のぼってみたいね」
「うん、そうだね」
どちらともなく交わした会話から、始まった山登り。
以来、長男は4回の山行についてきてくれました。

富士山に行く前日…

ぴぃおじさん:「富士山行くけど、行く?」
長男:「行ってらー」(行ってらっしゃいませ の意味の略語)

中学二年ですので、親父との山登りよりも大切なことがたくさんあるお年頃です。
というわけで、思いついたように一人で富士山に向かいます。

 

富士登山、6月という時期

本来富士登山は、開山時期に登るべきです。
 山梨県側(7月1日~9月10日)
 静岡県側(7月10日~9月10日)
その年によって異なる場合がありますので、事前に調べた方がいいと思います。

www.fujisan-climb.jp

開山期間は、山小屋が営業していますし、救護の体制も整っています。
逆に開山期間以外は、山小屋が営業していないため、途中の食糧、水分の調達はできませんし、トイレもありません。
第一宿泊できませんので、日帰り前提の行程になってしまいます。
ということは、いわゆる弾丸登山による高山病のリスクもあります。
万が一の際も助けてくれる人はいませんので、自己責任の世界になります。

メリットは2つ。

①「すいてる」です。
開山時期の富士山は山頂まで行列で自分のペースで登れないと聞きます。

②マイカー規制が敷かれていません。
イカーで五合目まで行けるのは時間的にもコスト的にも大きなメリット。

というわけで、6月下旬に登ることに決めました。

 

富士山に畏怖の念、登る前に決めたこと

日本には3000mを超える山が21座あり、第二位は3193mの南アルプス北岳です。
3776mの富士山は第二位を大きく離し、圧倒的に高い山です。
あんな高いところまでたどり着けるのだろうか?
いろいろな不安がよぎります。
そこで、3つ決めました。

①ルート選択
4つある登山口の中で一番標高が高く(山頂までの標高差が一番少ない)、距離、コースタイムともに一番短い、富士宮コースを選択しました。

②高山病対策
登山口で1時間休んでから出発することに決めました。
(この高所順応、眠ると意味がないそうです)

③無理しない
これが一番大事!
決して無理せず、きつかったら、迷わず下山する、と決めました。
思い付きに近い形で来ましたので、「登頂できたらラッキー」くらいの気持ちで出発です!

 

山行記録 【2019年6月23日】

f:id:hattorip3265:20210211105125j:plain

富士山て近づくほど、富士山の形が分からなくなりますね。
天気は良くないですね…

 

【7:15】登山開始

f:id:hattorip3265:20210211105603j:plain

すでに標高2400m。

 

【7:30】登山口は通行止め

f:id:hattorip3265:20210211105727j:plain

通行止め! ここからは自己責任ってこと!
気を引き締めていきます!
山頂方面はガスガスです。

 

【8:30】自分史上の最高所、3000m!

f:id:hattorip3265:20210211123736j:plain

 

あれ⁈

手袋が片方ない??

どこかで落としたのか?
スマホ対応の手袋が、最近スマホのタッチがきかなくて、写真撮るたびに外す必要がありました。

いつ落としたかわからない。
探しに行く?
いや~それはしんどい。
それと、50歳近いおじさんの手袋片方だけ、という異物を神聖な富士山に落としてしまった罪悪感。
帰りに探しながら、降りよう。
絶対見つけて、なんとしても異物を回収しなければ…

 

【9:30】雪!

f:id:hattorip3265:20210211124022j:plain
富士山の形を見ればわかるとおり、
ほんっとに単調な登りです。
ずーーーっと登り続けます。

【10:00】9合目

f:id:hattorip3265:20210211124943j:plain

え?
もう9合目?
この分なら山頂まで行けるね…

と思ったとき、なんか少し頭が痛い気がする…
これって高山病かな?
この日のように天気が悪いときは気圧が低いため、高山病になりやすいそうです。
まあ、もう少しだからね、ゆっくり行きましょ。


 こんな高い草も虫もいないところになんで鳥がいるんだろう…?

f:id:hattorip3265:20210211130321j:plain


【10:30】駿河湾

f:id:hattorip3265:20210211131335j:plain

振り返って、駿河湾が一望できるはずですが、果たしてここは?
雲の上なのか、雲の下なのか… 雲の中…かな…
うっすら青いのは、海?空?

【10:50】雪⁈積もってるし!

f:id:hattorip3265:20210211131926j:plain

50mくらい直登します。
慎重に、慎重に…

 

【11:00】

雪⁈ 降ってきたし!


6月、富士山で雪!

風で下から舞い上がってきて雪が叩きつけてきます。

すれ違った方に、
 ぴぃおじさん:「富士山初めて来たんです。雪ですか?これ?」
 富士山の先輩:「まあ、日本で一番高いところだからね。  雪だよ。」
と変な会話。

 富士山の先輩:「あれ? なんで手袋片方してないの?」
 ぴぃおじさん:「多分、途中で落としちゃったんです」
 富士山の先輩:「えー、手袋ないときついよ⁈ 気をつけてね」

てことは、これよりさらに寒くなるのか、大丈夫かな? 左手。
それと、帰りに手袋見つかるかな??
富士山に汚点を残したくない。
回収したい!

 

【11:20】登頂!

f:id:hattorip3265:20210211134705j:plain

f:id:hattorip3265:20210211134810j:plain

景色は雲だけ~
晴れた日にまた来よう。

 


富士山頂にて

寒い!
手が痺れるように痛い!

 

【11:40】

剣が峰 登頂!

f:id:hattorip3265:20210211135210j:plain

ここまでの最後の急登は、「胸突き八丁」といって、赤色の砂利が盛られた感じの80mの急坂です。
60cm前に一歩踏み出したら、ズリッと30cm下がる、
60cm前に一歩踏み出したら、ズリッと30cm下がる。
を繰り返し、やーーーっと最高峰にたどり着くことができます。

f:id:hattorip3265:20210211135722j:plain

周りを見渡すと、ここが一番高いところっぽい。
もう一歩踏めば、日本で一番高いところ。
・・・

・・・

・・・

…最後の一歩を踏まずに下山したわけ

去年の夏、「いつか富士山のぼろうぜ!」
と長男と誓い合ったことを思い出した。
思いついたように急に富士山に一人で来てしまったんだよなぁ…
長男が来ないなら、別の山に行ってもよかったのに、一人で来ちゃった。
高山病の頭痛はいつの間にかおさまったが、少し胸が痛んだ。
いつか長男とここに来る日が来るはず。
「最後の一歩はそのときまでとっておこう」
「うん、また来年来よう」

 (2020年、コロナ禍のため富士山の登山道は全面通行止め、トホホ😫)

 

 

気づけば、コースタイムの60%ほど、3時間10分で剣が峰まで登れたことになります。
そうとうな脚力が付いたのだと、登頂した達成感とともに、第一の目標を達成できたことを素直に喜ぶことにしました。

あー、それにしても左手がヤバいくらい真っかっか

あっ、手袋!

回収しなきゃ!

下りはずーーーっと強風雲の中でした。
眺望はなく、写真もありません。

 手袋、手袋、ないかなー
 この強風じゃ、どうせ風で飛ばされてなくなってるよ…
 だけど、もしかして誰かが…
 この杭の丸いところに…
 ないなー
 もう5合目に着いちゃうよ…

 ん?
 …まさかね…

・・・

・・・

・・・

手袋あった!

 

この日最後に大感動‼️‼️‼️

5合目到着直前、

まさしく願っていたカタチで、

強風に飛ばされないように丁寧に、

我が左手袋が!

拾ってくださった方、ありがとうございました!

 

f:id:hattorip3265:20210211140659j:plain

 異物回収!

 

帰宅後

ぴぃおじさん:「富士山行ってきたよー」
長女:    「山頂まで行けたのー?」
ぴぃおじさん:「行ってきたぜい!」
長男:    「へー、すげー」
ぴぃおじさん:「でも一番高いところまでは行けなかったんだ」
       「来年一緒に行こうか?」
長男:    「んー、行けたらねー」
妻:     「受験なんだから、誘わないでよね!」
ぴぃおじさん:「ん、うん…」

 

あれれれれ…?

という仲良し家族のお話…