ぴぃおじさんの山登り

山登りが好きなぴぃおじさんが、ブログやyoutubeに挑戦!

ぴぃおじさん、東京最高峰に辿り着けるか⁈

f:id:hattorip3265:20210207134421j:plain
2018年10月、山登りに取り憑かれて3週間、3座目に選んだのは、雲取山です。
2000mの山に登れたら、
「山登りが趣味です!」
って言ってもいいですよね⁈

 

お山紹介

雲取山

標高2017m  東京・埼玉・山梨 日本百名山

標高の高さが「2017m」であることから、2017年は登山客でとても賑わったそうです。
ぴぃおじさんが山に取り憑かれたのは2018年だったので知りませんでしたが…

今話題になってるのは、なんと雲取山鬼滅の刃の聖地であること。
主人公の竈門炭治郎と妹の禰豆子生まれ育った家が雲取山の中にあるということなのです。実際に公式ファンブックで公言されている正真正銘の聖地だそうです。物語の最初、炭治郎が鬼にされた禰豆子をおぶって雪の中を下山する場面が雲取山ということです。
臨場感のある雪山のシーンを描くために、実際にアニメの制作チームも雲取山に訪れたたそうです。また、山中にはかつて刀を使った神楽が行われていたという太子堂もあり、竈門家に受け継がれてきたヒノカミ神楽を彷彿とさせます。

鬼滅ファンによる聖地巡礼で、サンダルで来る人がいたりと、話題になりましたが、決して軽装で登れる山ではないので、ご注意を!

kimetsu.com

ところで、炭治郎が炭を売りに行っていた街は奥多摩なのでしょうか、秩父の方なのでしょうか、気になるところですが、どちらにしても遠い!
あの運命の日、その日中に家に戻れなかったのもうなずけます。

さて、実際の雲取山はというと、東京の一番奥深い場所に位置し、やはり1泊2日の行程で登るのが一般的とされています。
さまざまなルートがありますが、奥多摩側の鴨沢というところから登れば日帰りも可能です。
(ぴぃおじさんは2回雲取山に登りましたが、2回とも鴨沢バス停から山側に徒歩30分ほどの小袖駐車場にマイカーを停めての日帰りです)

 

3都県の境にあるお山ですが、東京都最西端にして最高峰の山でもあります。
そう言った意味でも人に説明しやすい(自慢しやすい)山だと言えると思います。

平将門の逃避行のルートではないかという伝説が残り、逃げる過程でのさまざまなエピソードが各所に掲示されており、歴史に触れながらの山行というのもいいかもしれません。

コースタイムは約6時間。
1時間ごとの位置に「ここで1/6」「ここで1/3」…と掲示があり、ペースの目安になります。

山頂からは、日本アルプス関東平野、富士山の眺望が待っています。

 

ぴぃおじさんの個人的難易度

体力   ★★★★☆ 日帰りの場合は早い出発を。
技術   ★★☆☆☆ 整備された登山道です。
おすすめ度★★★★☆ みんな大好き富士山の眺望が良いです。

 

 

山行記録【2018年10月7日】

「富士山に登ってみたい」
から始まったぴぃおじさんの山登りですが、どのくらいの脚力があれば富士山に登れるのか、見当がつきません。
せめてこのくらいの高さの山には登れないとダメなのだろう…
東京都最西端にして最高峰、「山登り始めたんだー」と人にアピールするのに、説明しやすいし…
と選んだ雲取山

ホームセンターで買った2000円のザックに、2000円のレインウェア、コンビニで買ったおにぎりと菓子パンとスポーツドリンクで、雲取山にむかいます!

ぴぃおじさんとしては、5時に早起きして向かったつもりが、小袖の村営無料駐車場に着いたのは7時くらい。
30台くらいの駐車場はすでに満車です…
「山登りする人って、こんなにたくさんいるんだー😱」
と驚きます。
山道を少し戻って、邪魔にならないように路肩に車を停めました。

【8:00】準備をして、登山開始。

f:id:hattorip3265:20210207143602j:plain


少し登り始めると、簡単に作られた看板がありました。
「ここまで 1/6、
 鴨沢からここまで1時間で来れた人は、山頂まであと5時間」
ぴぃおじさん、一気に不安になります。
「山頂まで行って帰ってこれるのだろうか…?」
コースタイムは、登り5.5時間+下り3.5時間=9時間。
この時の日の入りは17時20分。
休憩なしで17時。
いくら何でも休憩なしは無理でしょ…

だけど、
「2000mの山に登ってきたよ!」
って、言いたい!

とにかく、歩を進めます。

 

【10:15】

f:id:hattorip3265:20210207143959j:plain

あーっ、富士山が見えた!
うれしい!

あらためて、きれいな形だよなー

 

【10:45】

f:id:hattorip3265:20210207144832j:plain

標高を上げてきましたよー。
670m→1670m、ちょうど1000mくらい登ってきました。
うひーキツイ!
けど、気持ちいい!

ちょっと休憩。

f:id:hattorip3265:20210207145912j:plain

菓子パンの袋がパンパンに膨らんでるっ!
おもしれー!😍
(当たり前のことがすごく新鮮でした…)
山頂まで行けるか不安のまま、少しの時間でおにぎりと菓子パンをスポーツドリンクで胃の中に流し込み、出発します。

 

f:id:hattorip3265:20210207150504j:plain

富士山の手前の山々の山肌や、雲の感じが、
「山に登ってるなー」
と実感します。
いろいろ新鮮ですが、体をここまで酷使するのも久々で新鮮。

すれ違う人が、杖持ってるなあ。
なるほど、俺も…

f:id:hattorip3265:20210207151548j:plain

これはいいねー
長さや丈夫さでいろいろ試して、この相棒に落ち着きました。
「まさしく、相棒…」

(「相棒」の由来は、これじゃないですけどね…)

f:id:hattorip3265:20210207152941j:plain

…由来は肩にかついでる方の棒です。


そして得意な算数で… おっ⁈ コースタイムの7割くらいで来れてます。
「コースタイムが甘いのか、俺がすごいのか、
 とにかく、山頂まで行けそうだよぉ、
 よかった~~~」

f:id:hattorip3265:20210207153217j:plain

f:id:hattorip3265:20210207153132j:plain

こんなところを進んでいき…

f:id:hattorip3265:20210207153337j:plain

避難小屋がみえました!!
最後のつづら折りの急登です。
股関節から、腿の前側、膝にかけての筋肉が少し休ませろと。
いやいや、もう少しだから、頂上まで頑張ろう、頂上で少し休もうね。

【12:20】登頂⁈

f:id:hattorip3265:20210207160431p:plain

えーーーっ
ここが山頂じゃないんですかー?
ここからさらに3分?
その3分がキツイ!

(ここが山頂じゃないの?は
「鴨沢からの雲取山あるある」だそうです)

 

【12:23】登頂!

f:id:hattorip3265:20210207160733j:plain

来れてよかった!
「行ってきたよ!」
って言える!

 

 下山開始します。

f:id:hattorip3265:20210207161330j:plain

こんな小さい子もきてる?
「僕、去年は富士山にも登ったよ!」
えっ、まじかー、頑張ったねー、
おじさんにも富士山に登れる気がしてきたよー

f:id:hattorip3265:20210207161603j:plain

下山途中に見かけたテント
テント泊にも挑戦したいなー

 

f:id:hattorip3265:20210207162021j:plain

無事下山できました。
相棒のおかげかな…
登山口のわきに立てかけて、お別れです。
ここに置いておけば、次に誰かが使ってくれるだろうか。

 

おすすめ情報

トレッキングポール

2本の脚歩行から4本の手足で歩くことになるので、登るパワーが増えます。

倍増するわけではないです。

急登や急なくだりの際の支持棒としても役立ちます。

(頼りすぎると転倒、怪我の原因になりますので、あくまで補助具です。)

登りや平坦に近い道では、脚の真横あたりに突けば推進力に、下りでは脚の少し前に突いて膝の保護になります。

杖ではありませんので、若い人でもカッコ悪いことないですから、トレッキングポール、おすすめです。