ぴぃおじさんの山登り

山登りが好きなぴぃおじさんが、ブログやyoutubeに挑戦!

乾徳山の鎖場で大冒険!

f:id:hattorip3265:20210123100719j:plain

鳳岩に挑む中学二年の長男

今回はぴぃおじさんの長男が山登りに来てくれました。
高尾山(2018年9月)、金峰山(2018年10月)、高尾山(2019年4月)に続き、4回目の同行です。
ぴぃおじさんは2018年12月に続いて2回目の乾徳山
さて、乾徳山の鎖場、長男に気に入ってもらえるかな~?

 

お山紹介

乾徳山 標高2031m 山梨県山梨市 日本二百名山 山梨百名山

山頂直前の鳳岩には、なんと20mの鎖場があり、岩稜・鎖場好きにはたまらない魅力のお山です。
頂上からは南アルプスや奥秩父の山々、富士山の眺めが最高です。
徳和側から登る際の、登山口近くには徳和渓谷があり、紅葉や滝が魅力です。途中、樹林帯を抜けたあたりの国師が原の草原、国師が座禅をしたといわれる座禅石や髪剃岩、天狗岩などの奇石があり、バラエティに富んだ山行が楽しめます。

ぴぃおじさんの個人的難易度

体力   ★★★☆☆
技術   ★★★★☆ 初心者向きではないです。
おすすめ度★★★★★ 鎖場好きにはたまらない

今回のアクセス

実はこの日、乾徳山ではなく、2018年10月の雨の金峰山のリベンジで、金峰山に行くつもりだったんです。
ところが、大弛峠までの川上牧丘林道は12/1~5/31は凍結のため通行止めでした。

山梨県 県営林道通行規制情報 林道詳細

「ガーン、完全にリサーチ不足!」
というわけで急に乾徳山に変更したのでした。
柳平ゲートから引き返し乾徳山へ。
時間を1時間半くらい短縮できる、大平高原からの登ることに決めました。

中央自動車道 勝沼IC → 大平高原 約40分
中央自動車道 勝沼IC → 徳和駐車場 約25分)

f:id:hattorip3265:20210123114133j:plain

駐車台数:10台
駐車料金:800円(2019年5月現在)

服装

f:id:hattorip3265:20210123123612p:plain

こんな感じ。
このとき小雨が降ってきて肌寒く、ワークマンの撥水シェルを着ています。

 

 

山行記録

f:id:hattorip3265:20210123123112j:plain

【6:10】親子登山開始!

 

f:id:hattorip3265:20210123123120j:plain

【7:00】富士山が見えてテンション⤴

f:id:hattorip3265:20210123123154j:plain

髭剃岩の向こうがどうなってるか?
下のYouTubeをご覧ください。

 

f:id:hattorip3265:20210123123205j:plain

【9:00】カミナリ岩に挑戦!

 

f:id:hattorip3265:20210123123221j:plain

【9:15】「お願いだからそれ以上先に行かないで~」

 

f:id:hattorip3265:20210123123240j:plain

【9:40】ついに踏破!

 

f:id:hattorip3265:20210123123302j:plain

【10:15】「2000mの高いところでカップ麺て、ヤバくね」と興奮

 

f:id:hattorip3265:20210123123320j:plain

【13:40】下山途中、鹿に遭遇。

 

f:id:hattorip3265:20210123123330j:plain

【14:15】最後、雹(ひょう)が降ってきて、
「痛い、痛い!」 …でも、楽しい…

 


YouTubeもご覧ください


2019年5月 乾徳山で大冒険!



下山後のお楽しみ

帰りは中央自動車道が事故で大渋滞との情報…
遠回りだけど国道140号で秩父方面へ、関越道での帰宅を決断。
途中の武甲温泉でいいお湯をいただきました。
露天風呂、サウナ、お食事処が充実。
休日大人900円(2019年5月現在)

個人的お勧め度


 ★★★★☆

www.buko-onsen.co.jp

 

 

 

おすすめ情報

乾徳山登山口近くの徳和渓谷は2018年12月の山行で、入り口の夢窓の滝まで行ってきました。もっと奥まで行けば、大小さまざまな滝に出会えるそうです。
紅葉の時期におすすめ!

f:id:hattorip3265:20210123121859j:plain

f:id:hattorip3265:20210123121938j:plain

www.yamanashishi-kankou.com

 

 

 

山の豆知識

鎖場・岩場の基本

きっと苦手な人も好きになるはず!

①手足の一つずつを動かす三点指示で体を支えましょう。
②鎖やロープは補助的に利用し、頼りすぎるのはNG。
③上半身は岩からなるべく離したほうが安定するし、次に手足をかける場所が見えやすいです。

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村